ネックレス等のジュエリー契約について

当事務所でクーリングオフ等の解約手続業務を開始して以来、よくご相談頂く案件といたしまして、ネックレス・指輪等のジュエリー購入に関する契約の解除のお話があります。
ジュエリー以外にも件数だけでいえば、浄水器、布団、消火器等、訪問販売等による購入商品のクーリングオフのご依頼対象となる商品の上位ランクを占めるものはあるのですが、このジュエリー販売のものに関しては、とりわけ際立った特徴がいくつかあります。

まず、ジュエリーは値段が超高額であること。ジュエリーのなかには100万円を超える場合もざらにありますし、これはジュエリーについて何件もご依頼を受けて分かったことですが、同じ会社の同じジュエリー商品であっても人によってジュエリーの値段がまちまちであり、なおかつ、たとえばAさんの場合は60万円のジュエリーだとしても、Bさんの場合は100万円のジュエリーであるなど、その差もかなり大きく異なっていたりします。

また、ジュエリーに関するお話をうかがっていますと比較的勧誘(ジュエリーの購入をそそのかす)の手口も悪質であることが多いと思われます。たとえば、ある方のケース(ジュエリー契約)ですと、最初は女性の担当者からの電話がかかってきて、ジュエリー販売の件であることなどは一切告げず、とにかく外で会う約束を取り付けてデート気分にさせて誘い出し、現場に行ってみると実際は男性のジュエリー販売員が待っていて、そこでジュエリーを買うまで帰れない状況を作られ、どうにか解放されたい一心でジュエリー契約してしまった、あるいは、一応、ジュエリーの販売についての勧誘であることは知らせているものの、「必ずしもジュエリーは買わなくてもいいから」ということなので近くの飲食店に誘い出されていってみると、話をしているうちに相手から「ジュエリーを買う気がないのならなぜ来たんだ!?」などとかなりの剣幕で脅したてられ、結局はジュエリーを買わざるを得ない雰囲気となってしまって、ジュエリーに関する契約書にサインをされてしまったといったことがよくあります。

このように当初から悪質な手口で、とにかく不当にジュエリーなどの高額の商品を売りつけようと腹をくくってコンタクトを取ってくる業者ですと、ご本人様が真正面からクーリングオフ等の解約手続をなさることは非常に危険極まりないといえます。
また、仮に書面等で形式上は万全なクーリングオフ等の解約手続を踏まれた場合であっても、事実上の問題として、その後の払込金の返還・法律で定められている業者負担での商品の引き取り・クレジット払いの場合はその処理等、解除後の事後手続を誠実に実行してくれないというおそれもあります。

その点、当事務所のような法律の専門家で構成する事務所にご依頼頂ければ、

  1. 煩雑・難解な解約手続、とりわけ内容証明郵便による通知書作成において求められる過不足の無い内容記載・正確な方式の履践
  2. 後日により厳格な法的手続が必要となった場合を踏まえ、そこでの証拠とするに十分な書面作り
  3. 専門家からの書類の送付提出による相手方への心理的作用
  4. 二次的被害、とりわけ悪徳業者によるお取引データの流出が引き起こす訪問業者の再勧誘行為を予防

といった点でお役立ちできることをお約束できます。

お客様におかれましては、今回取り上げたジュエリー販売に関するものにとどまらず、およそ悪徳業者とのクーリングオフ等の解約手続をお考えの場合はとりあえず当事務所にご一報下さい。クーリングオフ等の解約手続きのご相談はすべて無料で承っておりますし、お話をして頂くことによって、僭越ながらお客様がご検討されていなかった新たな事実・対処法等が浮かび上がってくるかも知れません。

とにかく、クーリングオフをするにしても、それ以外の方法によるにしても、解除手続は短時間で実行することが重要となってくる場合が圧倒的に多いです。したがって、その機を逃さず迅速・的確な手続を実行するため、まずは当事務所をはじめとする専門家へのご相談を強くおすすめいたします。